教会案内 - 日本キリスト教団 富士見丘教会 

日本キリスト教団 富士見丘教会


『主を喜び祝うことは、私たちの力の源』
ネヘミヤ記 8章10節
‐2017年度 富士見丘教会 教会標語

教会案内

■ 富士見丘教会の設立

1935年、ピューリタンの伝統を受け継ぐ日本組合教会で開拓伝道に熱心に取り組んでいた信愛教会の一部信徒と番町教会の一部信徒が、海老名弾正牧師の斡旋により南大阪教会の山本忠美牧師を迎え当時未だ開発途上にあった下北沢の地で発足したプロテスタント教会です。
富士見丘という教会の名称は、文字通り当時そこから富士山を見ることができたことから付けられています。

■ 会堂の有形文化財登録

1936年の教会堂 建設後、折に触れて最小限必要な会堂メンテは行ってきましたが、2002年に耐震工事を含め大幅改修を行いました。
改修後の2003年(平成15年)9月19日、富士見丘教会の会堂が国登録有形文化財に登録されました。
富士見丘教会につらなる者として、教会の創設より現在に至るまでの信仰の諸先輩を覚え、この地での更なる伝道の継承に励みたいと思います。
詳しくはこちら
  →文化財としての富士見丘教会

■会堂開館

富士見丘教会の会堂を開放しています。ご見学、ひと時の休憩、祈りの時間などにご利用下さい。
(事前にお電話をいただけると助かります。)

■止揚学園との交わり

創立70周年記念で福井先生
と保母さんの高石さん

当教会は、滋賀県にある知能に重い 障がいを持つ仲間の施設として1962年に開設された『止揚学園』(福井達雨園長)と40年近くにわたる長く関係の深い交わりを続けています。1963年、故東方信吉牧師が設立後間 もない止揚学園の保母さんを慰安のために東京に招待する「保母さん招待プロジェクト」は1963年から今日まで毎年続いております。2007年の富士見丘教会創立70周年記念礼拝では福井先生に説教と講演をして頂きました。

■富士見丘教会 教会墓地

1983年11月八王子市所在の 「上川霊園」内に教会墓地を建設しました。